家庭料理のおはなし:自家製ジェノベーゼソースとエビでパスタランチ

こんばんは。
正しい手抜きメソッド・おだしマジック! 家庭料理研究家の高窪美穂子です。

今日からお天気が下り坂、とのことで、今日午後ウォーキングに出た時もすでにポツリポツリと雨が落ちてきました。

明日朝は雨模様のようです。
あまり強くならないといいなぁ。

お湿りはとても大切ですけれど、やっぱり通勤や通学時間には、止んでいるといいですね。

さてさて、先日、農家さんの直売所で購入してきたのが・・・

画像2

バジル!!
本当は自宅のベランダで育てたいのですが、残念ながらこの数年、家族に「枯らすからやめなさい」と止められてできず。
バジルの香り、大好きなんです。
ちなみに、お仲間の大葉も大好きです😍

だから、いつもの農家さんでバジルがあって小躍りして買ってきました😀

それで作ったのが・・・

画像2

ジェノベーゼソース。
バジルを洗って、葉だけをよりわけて使います。

我が家は夫がチーズを入れないで、といつもリクエストしてくるので、チーズなし。
松の実、にんにく、塩、オリーブオイルを最初にフードプロセッサーやスティックブレンダーで粉砕してから、バジルの葉を加えるとバジルの葉が潰れすぎずに美味しく出来上がります。

今日は出来立ての自家製ジェノベーゼソースを使って・・・

画像3

エビと合わせたパスタに。
エビの味を引き立たせるため、あえてジェノベーゼソースは少なめに。
バジルの香り、ソースの旨みや塩味にエビの甘味がバランスよく合わさり、本当に美味しかった!

残りは煮沸消毒したビンに詰め、上にオリーブオイルをはって空気が触れないようにしてから冷凍庫へ。
冷凍しておくと色が変わらないので、おすすめです。

これから当分、バジルと出会うたびに作ることになりそうです😀