家庭料理のおはなし:乾物と缶詰で変化をつけて

こんばんは。
正しい手抜きメソッド・おだしマジック! 家庭料理研究家の高窪美穂子です。

今日も東京は暑かったですね。
所用で出て、午後2時間ほど歩きましたが、マスクで心拍が上がりっぱなしでした。
人がいないところではマスクをずらして息継ぎ! 大切ですね☺️

さて、外食をすることもなくずっと家での食事作りが続いています。
毎日毎日だと、目先を変えるのに色々と知恵を絞らないと、飽きてしまいますよね。

そんな時に役立つのが、乾物と缶詰!
我が家の食品棚や冷凍庫には、常に昆布やきのこ、豆類や貝柱、エビなどの乾物がストックされていて、何かあると引っ張り出してきて、戻して・・・とやるのです。

缶詰も、常にツナ缶はストックし、鯖缶などもなるべく切らさないようにして、生鮮の魚を買いに出られない時なども含め、おかずのアレンジに使っています。

先日は、サラダを作るのに、大豆を戻して、ツナ缶と、これまた野菜室に常備している玉ねぎを合わせてサラダに。

画像1

大豆は多めに戻して、冷凍保存しておくなどして、なるべく手間がかからないように色々と工夫しています。

ちなみにサラダなどで食べる大豆は、水で戻す必要はなくて、乾いた状態で湯戻しをすると時間もそんなにかからずラクチンです!

湯戻しの方法は、こちらでご紹介しています!
参考にしてくださいね。

乾物や缶詰は、家庭料理では本当に重宝する2大巨頭なので、使い方をまたご紹介しますね!
お楽しみに😍